油圧警告灯(オイルランプ)の意味と点灯したときの対処法 | 車情報ブログまたたびCarfe
サイトアイコンがリニューアル!
ぜひホーム画面に追加してCheckしてみてね!

油圧警告灯(オイルランプ)の意味と点灯したときの対処法

マシタ ヒロナリ

この記事では油圧警告灯の原因から対処法まで紹介していきます。

急に赤いランプが点灯したら誰でも驚くと思いますが、対処法を知っていれば車を壊さずに的確な行動ができるはずです。

油圧警告灯が点灯する原因と対処法を覚えて、より安全な運転ができるように確認していきましょう。

圧警告灯の意味

オイルランプともいい、エンジンオイルの油圧が低下したときに点灯し、オイル系統に不具合があることを意味しています。

油圧警告灯はメーターパネルに上記写真のような形で、赤色で表示されます。

赤色の警告灯は危険という意味で、直ちに安全な場所に停車する必要があることを表しています。

油圧が不足するとエンジン内の油膜切れや冷却・潤滑性能が低下して、放っておいたまま走行し続けるとエンジンが焼き付き重大な故障を招いてしまうのです。

圧警告灯が点灯する原因

主な原因の多くは長期間エンジンオイルを交換しないメンテナンス不足にあります。

エンジンオイルの減り

油圧警告灯が点いたときの、最も多い原因がエンジンオイルの減りです。

オイルの劣化やステムシールピストンリングの劣化などがオイルが減ってしまう理由で、長期間オイル交換をしなかったり古いエンジンなどに起こりやすいのだ。

ステムシール、ピストンリングというのはシリンダー(燃焼室)内にオイルが進入しないように密封する役割があり、経年劣化の他に劣化して汚れたオイルによってキズついてしまいます。

このシリンダー内にオイルが入り込み燃焼してしまうことを、オイル下がり(ステムシールの劣化)やオイル上がり(ピストンリングの劣化)といいます。

エンジンオイル漏れ

どこかしらの箇所からエンジンオイルが漏れることで、オイル不足となり油圧が低下します。

オイル下がり、オイル上がりなどと違うのは外部に出てしまうことです。

ドレンボルトの緩みやガスケット、パッキンなどの劣化が原因のことが多いです。

エンジンオイルの詰まり

長期間オイル交換しないことで汚れがたまり、オイルの循環経路(オイルラインやオイルフィルターなど)にスラッジや異物が詰まってしまうと油圧の低下を招きます。

スラッジとは古くなった泥状のオイルのことです。

オイルポンプの故障

オイルポンプはエンジン内部にオイルを循環させる役割があります。

長期間オイルを交換しないことが主な原因です。

非常に精密作りなため金属同士のクリアランス(隙間)が空いてしまうと、正常にオイル循環をさせることができなくなるため油圧の低下を招きます。

油圧センサー不良

オイルプレッシャーセンサーともいい、故障や接触不良があったときも油圧警告灯が点灯します。

圧警告灯が点灯したときの対処法

直ちに安全な場所に停車

車において赤いランプは危険を意味する警告灯ですので、まずは慌てず安全なところに移動してから停車しエンジンを止めることが大事です。

悪化しないよう、走行中はなるべく急発進・急加速をしないようにしてください。

ディーラーやガソリンスタンド、車用品店などがあればそれらの駐車場がよいでしょう。高速道路ならパーキングやサービスエリアです。

自分でできる確認方法としては、ボンネットを開けてティッシュやウエスなどを使ってオイルレベルゲージをチェックすることです。

オイルは大変熱くなっているので、火傷に注意してください。

その場でオイルの補充や交換ができなければ、ロードサービスなどに連絡して対応してもらいましょう。

マシタ ヒロナリ

経験上、2L以上のオイルを入れないと適正量にならないことが多いです。

直ちに点検をしよう!

オイルの減りや漏れでなければ、オイルポンプや他の箇所に原因があるかもしれません。

そのまま走り続けるとエンジンが故障して高額な修理代や廃車になってしまうかもしれません。

なるべくエンジンはかけないようにして、レッカーなどでディーラーや整備工場への移動が無難といえます。

またオイル補充したら油圧警告灯は消えますが、減るのには何かしらの原因があるのでまたオイル不足になります。

そのため油圧警告灯が消えたからといって安心せずに、早めに点検を行うようにしてください。

とめ

☑エンジンオイルの油圧が低下すると油圧警告灯が点灯する
☑オイル漏れなどにより減ると油圧低下を招く
☑油圧警告灯が点いたら安全な場所で停車してエンジンを止める
☑直ちに点検をうけるようにする

見慣れない赤いランプが点けば慌ててしまうと思いますが、場所を選ばず停車してしまうと危険や事故につながってしまうこともあります。

冷静になって安全な場所まで急発進・急加速しないように移動してから停車するのが大事です。

そして、直ちに点検することを忘れないようにしよう!

エンジンオイルの交換が必要な理由【自分でやれる点検方法】

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それではこのあとも引き続き、当ブログ『またたびCarfe』でゆっくりとお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA