エンジン警告灯(チェックランプ)の意味と点灯したときの対処法 | 車情報ブログまたたびCarfe
サイトアイコンがリニューアル!
ぜひホーム画面に追加してCheckしてみてね!

エンジン警告灯(チェックランプ)の意味と点灯したときの対処法

マシタ ヒロナリ

この記事ではエンジン警告灯について原因から対処法まで紹介していきます。

走行中に急に見慣れないランプが点灯すると誰でも驚くと思いますが、対処法を知っていれば冷静な対応ができるはずです。

そして主な原因であるセンサー異常と症状についてみていきましょう!

ンジン警告灯の意味

エンジンチェックランプともいい、エンジンになにかしらの異常が発生したときに点灯します。

エンジン警告灯はメーターパネルに上記写真のような形で、黄色もしくはオレンジ色で表示されます。

黄色(オレンジ)の警告灯は注意という意味で、重大な事故に直結はしないが早めの点検すべきことを表しています。

近年の車のエンジンは、燃料噴射の制御から点火のタイミング、空燃比(空気と燃料の混合比)や排気ガスの酸素濃度を正常に保つために全てECUというコンピュータが制御しています。

このECU制御により自動でエンジンを最適に動かしてくれているのです。

そして様々な箇所の情報をECUに送るために複数のセンサーが取り付けられており、センサーが異常値を検知したときにエンジン警告灯がつくようになっています。

ンジン警告灯が点灯する原因

エンジン警告灯が点灯する原因のほとんどは主にセンサー類が異常値を検知することにあります。

特にO2(オーツー)センサーの異常が原因であることが多いのです。

センサーにも寿命があるので、そうならないためにも定期的な交換が必要となります。

O2センサーの異常

エンジン警告灯が点いたときの最も多い原因がO2センサーの異常です。

O2(酸素)センサーとは排気ガスの酸素濃度を測定するセンサーで、燃料が濃いのか薄いのかという判断基準になります。

このセンサーに異常が出ると、必要以上に燃料を噴射してしまい不完全燃焼を起こすことで、燃費の悪化や排気ガスが臭くなり触媒の劣化にもつながります。

最悪の場合、触媒が高温になって発火する恐れもあります。

エアフロセンサーの異常

エアフロセンサーとはエンジンに送られる空気量を測定するセンサーで、O2センサーの次に疑うことが多い箇所です。

アイドリング不調や出力低下が起こり、最悪の場合エンストしてしまうこともあります。

その他センサーの異常

イグニッションセンサー

エンジンの点火のタイミングが適切かどうか測定するセンサーです。

アイドリング不調や出力低下などを招きます。

バッテリーセンサー

バッテリーの通電状況を測定するセンサーで、適切な充電率に保ってくれます。

燃費の悪化やバッテリーの劣化などを招きます。

アクセルポジションセンサー(APS)

スロットルポジションセンサーともいい、アクセル(スロットル)の開度と踏み込み速度を計測するセンサーです。

エンジンがかからなくなったり、アイドリング不調や出力低下などを招きます。

カム角・クランク角センサー

カムシャフト・クランクシャフトの回転数を測定しているセンサーです。

アイドリング不調や出力低下、急なエンストを招きます。

ンジン警告灯が点灯した時の対処法

安全な場所で停車

走行中にエンジン警告灯が点いたからといって慌ててすぐに路肩に停止する必要はありません。

まずは安全な場所まで走って停車するようにしましょう。

高速道路だったらパーキング・サービスエリアが安全な場所となります。

そして走行時はさらなる悪化を防ぐためにも急発進・急加速はできるだけしないようにしてください。

その後、ロードサービスや整備工場などに連絡して相談しましょう。

早めの点検を!

走行や安全に関係するセンサー類が異常値を検知したときにエンジン警告灯が点灯・点滅しますが、それだけではどの箇所のトラブルなのかは分かりません。

専門知識をもった人でも断定が難しいため、早めにディーラーや整備工場で点検をしてもらう必要があります。

ほとんどの車にはOBDシステムという不調の原因を診断する自己診断機能が搭載されており、情報を読み取るための専用コネクタがあります。

ディーラーや整備工場ではOBD専用コネクタにスキャンツールという故障解析をする診断機をつなぎ、ECUに記憶されているエラーコードから異常の原因を特定することができるのです。

とめ

☑エンジンになにかしらの異常があったときにエンジン警告灯が点灯する
☑センサーが異常が数値を検知したときにエンジン警告灯が点灯することが多い
☑最も多い原因はO2センサーの異常
☑エンジン警告灯が点灯したら慌てず安全な場所に停車する

普段見慣れないランプが点灯したらびっくりするかもしれませんが、エンジン警告灯が点いたら急発進・急加速しないように注意して慌てず安全な場所の停車することが大事です。

そして早めに点検するようにしましょう!

オーバーヒートした時の対処方法と原因【エンジンは止めた方がいい?!】

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それではこのあとも引き続き、当ブログ『またたびCarfe』でゆっくりとお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA