キュルキュル音の正体、ベルト鳴きの原因と対処方法 | 車情報ブログまたたびCarfe
サイトアイコンがリニューアル!
ぜひホーム画面に追加してCheckしてみてね!

キュルキュル音の正体、ベルト鳴きの原因と対処方法

マシタ ヒロナリ

この記事では、エンジン周りからでる謎のキュルキュル音の正体と原因~対処方法をご紹介していきます。

エンジンをかけたら突然の異音、走行中にキュルキュル音が止まらない・・・

長く車を乗っていると多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。

いったい何処からこの目障りな異音がでてるのか?

それともどこか故障しているのではないか?

今回はもっとも多いキュルキュル音の原因である、ファンベルトに焦点をあてていきます。

ュルキュル音の正体

エンジンから聞こえるキュルキュル音

似たようなものでタイミングベルトというものがありますが、これは歯車と噛みあう凸凹形状なため滑ることはありません。

しかし、ファンベルトはプーリーという円盤状のもの同士をゴムの摩擦力によって回すため、なんらかの原因で空転・滑りが生じることがあります。

この時にでる異音が、甲高い “ギュー” や “キュルキュル” 音の正体で「ベルト鳴き」と呼ばれています。

またベルトをきつく張りすぎたときにもプーリーから、似たような音がでることがあります。

ァンベルトとは

ファンベルトの役割

エンジンは車を走らせるためだけではなく、その回転を利用して補機類を駆動させるためにも役にたっています。

下記のようなものが主な補機類になります。

・オルタネーター(発電機)
・ウォーターポンプ
・パワーステアリングポンプ
・エアコンコンプレッサー
・スーパーチャージャー(過給機)

これらを駆動させるために、エンジンのクランクシャフトからプーリーとベルトを介して動力を伝えるのです。

ファンベルトの種類

エンジンからの動力を伝えるためのゴム状のベルトの総称をファンベルトといいます。

クランクプーリーから複数のベルトで駆動する場合は、それぞれを「オルタネーターベルト」、「パワーステアリングベルト」、「エアコンベルト」などと呼びます。

また断面形状の違いによりVベルトリブベルトというものが主に使われています。

ュルキュルと鳴く異音の原因

ベルトが鳴きやすいタイミングの多くは負荷がかかったときです。

エンジンが回ってるときに終始キュルキュル音がしていたり、アクセルを踏んだりギアを下げたときなど、エンジンの回転数が急にあがったときなどがあげられます。

ベルトの劣化

ベルト鳴きの原因の一つが経年劣化によるゴムの硬化です。

劣化によりゴムが硬くなることで、摩擦力や弾力性を失い滑りやすくなってしまい、ヒビ割れなども生じます。

ベルトの張り具合

ベルトの張りがゆるくなることで、滑りやすくなってしまいます。

ゴムでできているので、使用しているうち徐々にと伸びてしまうからです。

逆に強く張りすぎていると今度はプーリー側に負荷がかかりすぎて破損し、異音が発生することもあります。

一時的な異音の原因

冬の時期、エンジンをかけたばかりの時だけ “ギュー” や “キュルキュル”音を聞いたことがないだろうか?

これは寒さによる一時的なゴムの硬化が原因なので、経年劣化やベルトに異常がなければ交換の必要はありません。

また、ベルトやプーリーに水やオイルが付着したときは摩擦力の低下で異音が発生します。

水なら自然に蒸発するので問題ありませんが、オイルがついてしまったらよく拭き取るようにしましょう。

音を無くすにはどうしたらいいのか

ベルトの新品交換

劣化が進むとベルトが切れてしまうので、異音が発生しなくとも割れや亀裂(ヒビ)がみられるようなら早めに交換をするようにしよう。

交換時期は5~7年もしくは50,000~70,000km走行ほどを目安にするといいでしょう。

ベルトの張力調整

緩みによる異音なら、ベルトの張力(張り)を調整しよう。

車体の下からでないと作業が難しかったり、素人では張り具合が分からなく強く張りすぎてしまうことがあるので、お店に任せるといいでしょう。

オートテンショナー付きの車は?

オートテンショナーとはバネの力で自動的に張り具合を調整してくれるものです。

ベルト調整が必要ないオートテンショナー付きの車種は、張り具合の調整で異音の解消をすることができません。

基本的にはファンベルトの交換など修理が必要になります。

ルト鳴き止めスプレーの効果

安いものだと1,000円ほどで車屋さんやホームセンターにて手軽に購入することができます。

実はこのベルト鳴き止めスプレーには主に2つの効果があるのです。

ベルト鳴きを止める

商品の名前通り、ベルト鳴きが発生したときにベルト内側に吹きかけると一時的に異音が解消されます。

しかし、汚れが原因でないかぎり数日しか効果がなく、あくまで応急処置になるので早めに点検してもらいいましょう。

マシタ ヒロナリ

残念ながら効果がないこともありますが、速攻で効果を実感できたという人が多数です!

劣化・硬化を防止

もう一つは、ベルトの劣化を防いで硬化を防止するためにも使われます。

ベルト鳴きが発生する前に、ベルトの表裏に吹きかけることで寿命が長くなる効果が期待できるのです。

とめ

実際にベルト鳴きを経験されたかたは分かると思いますが、運転中にストレスがたまるような異音が発生します。

多くはベルトの劣化か緩みが原因なので、キュルキュル音がきこえたら早めに点検してもらってください。

カーエアコンが冷えない原因はガス不足だけじゃない?!仕組みと点検方法

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それではこのあとも引き続き、当ブログ『またたびCarfe』でゆっくりとお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA