e-POWERの仕組みとパワートレインの比較【楽しめる3つのドライブモード】 | 車情報ブログまたたびCarfe
サイトアイコンがリニューアル!
ぜひホーム画面に追加してCheckしてみてね!

e-POWERの仕組みとパワートレインの比較【楽しめる3つのドライブモード】

マシタ ヒロナリ

この記事ではe-POWERの仕組みと特徴をご紹介していきます。

日産により開発された新たな形のパワートレインe-POWER(イーパワー)とはどのようなものなのでしょうか。

e-POWERの仕組みを理解するにあたり、まずはパワートレイン(駆動装置)の種類と違いを知ると分かりやすいです。

ワートレインの比較

電気自動車(EV)

EV用充電スタンドなどからバッテリーに充電し、電力のみでモーター走行する自動車です。

低重心による走行安定性とアクセルレスポンスがよく加速性能が高いのがメリット。

デメリットはEV充電スポットが少なく充電時間が長いことと、高速走行時の電気消費が大きく航続距離が短いことです。

代表車種:日産リーフ、三菱i-MiEVなど

ハイブリット車(HV)

エンジンとモーターなど2つ以上の動力原で走行する自動車です。

走行状況により、エンジン駆動とモーター駆動を自動で切り替えてくれます。

燃費が良く選べる車種が多いのがメリットで、車両価格が高めで故障リスクと修理代が高くつくのがデメリットだ。

代表車種:トヨタ プリウス、アクア、ホンダ フィットハイブリットなど

プラグインハイブリット車(PHV・PHEV)

ハイブリット車を外部電源から充電できるようにした自動車です。

ハイブリット車より大容量の蓄電池により航続距離が長く、維持費が安くなるのがメリット。

デメリットは選べる車種が少ないことと車両価格が高いことです。

代表車種:トヨタ プリウスPHV、三菱アウトランダーPHEVなど

燃料電池自動車(FCV)

水素を燃料にしてモーター走行する自動車です。

航続距離が長く水素充填時間も短い。二酸化炭素が発生しないので環境にも優しいのがメリットです。

選べる車種と水素ステーションが少ないのがデメリットだ。

代表車種:トヨタ ミライ、ホンダ クラリティなど

e-POWERとは

エンジンを搭載した電気自動車

日産が開発したe-POWER(イーパワー)は新しい形のパワートレインです。

エンジンとモーターが搭載されているので一見ハイブリット車のようですが、100%モーター駆動で走行するのが特徴なのだ。

じゃあエンジンはなんのために搭載されているの?

エンジンは発電機を回して電気を蓄電・発生させる役割をはたしているのです。

それにより発生した電気によってモーターを駆動させる仕組みとなっています。

みなさんが今まで乗っていた車と違い、エンジンとタイヤ(車輪)が繋がっていないのだ。

このような構造なため、燃料はガソリンなのです。

モーター駆動の車なので、電気自動車のカテゴリーに分類されます。

代表車種:日産 ノートe-POWER、セレナe-POWER、キックスe-POWER

e-POWERのメリット

・アクセルレスポンスが良く走り出しから最大トルクを発揮できるため、加速性能に優れている

・Sモード、ECOモードではアクセルペダルのみで停止までの操作が行える

e-POWERのデメリット

・頻繁にエンジンが駆動するため、これまでの電気自動車ほど静かではない

・モーター駆動の電気自動車同様に高速走行が苦手なため、その際にエンジンがフル稼働し高燃費は期待できない

e-POWERドライブモード

e-POWER特有のドライブモードを切り替えて、運転を楽しむことができます。

主に三種類のドライブモードがあり、車種によりさらに二種類の制御モードもついています。

ノーマルモード

通常のガソリン車のようなドライブフィーリングを楽しめるモードです。

電気自動車特有のアクセルレスポンスがよい加速ができ、アクセルOFFによりゆっくり減速します。

Sモード(スマートモード)

アクセルレスポンスと燃費向上を両立させたモードです。

アクセルOFF時に回生ブレーキを強くして、より多くのエネルギーを回収することができます。

ECOモード(エコモード)

燃費を重視させるために、アクセルを踏んでも緩やかな加速をするモードで、暖房も省エネに切り替わります。。

Sモード同様にアクセルOFF時に回生ブレーキを強くして、より多くのエネルギーを回収することができます。

制御モード

チャージモードではエンジンを強制的に動かし充電させることができ、その後バッテリーに蓄電させた電力での走行距離が長くなります。

これはマナーモード走行を長くしたい場合などに使用します。

マナーモードとは、エンジンをなるべく動かさないように制御するモードです。

燃費の良いSモードかECOモード時にのみ使用でき、主にエンジン音が気になる早朝や深夜に使うことを目的としています。

生ブレーキとは

減速時に発電する回生ブレーキ

回生ブレーキとは、減速時にタイヤ(車輪)からの回転力がモーターに伝わり、発電する際の抵抗がブレーキとして機能するものです。

エネルギーを無駄にしない仕組みにより、燃費が向上します。

e-POWERではSモードもECOモードも回生ブレーキによりアクセル操作のみで停止までできるのが特徴です。

バッテリーがフル充電(または低温時)になると、減速度合いは緩やかになります。

マシタ ヒロナリ

ブレーキを踏まなくてもいいため、減速度合いに応じてブレーキランプが点灯する仕組みになっています。

アクセルのオンオフが繰り返すような渋滞では、減速度合いを感知しにくいことがありブレーキランプが点灯しないこともあるので注意が必要です。

とめ

☑エンジンは発電機でモーターにより駆動するのがe-POWER
☑e-POWERドライブモードの切り替えにより、主に三種類のモードを楽しめる
☑回生ブレーキが強くなるほど、エネルギーをたくさん回収でき燃費が向上する

ドライブモードの切り替えとアクセルレスポンスの良さがとても魅力的なe-POWERが、進化しこれからも増えていくことを期待したいです。

ETC2.0ってなに?いままでのETCとどこが違うのか!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それではこのあとも引き続き、当ブログ『またたびCarfe』でゆっくりとお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA