バッテリーの役割と交換時期【エンジンがかからなくなった時の対処法とは】 | 車情報ブログまたたびCarfe
サイトアイコンがリニューアル!
ぜひホーム画面に追加してCheckしてみてね!

バッテリーの役割と交換時期【エンジンがかからなくなった時の対処法とは】

マシタ ヒロナリ

この記事ではバッテリーの役割からトラブル対処法まで紹介していきます。

バッテリーは蓄電したり放電したりと、とても負担のかかる部品の一つです。

この長方形の箱の中には、蓄放電するための鉛の板やバッテリー液が入っていて車種によってサイズも変わってきます。

一般的なバッテリーは軽いものでも約10kg、大きいサイズになるとなんと約20kg近くにもなります。

まずは、そんなバッテリーの役割から紹介していきます。

ッテリーの役割

最もバッテリーを使ってるなと思う瞬間は、エンジンをかけるときだと思います。

エンジンを始動させるには瞬間的に大量の電気が必要なので、一番の役割といえるだろう。

一度エンジンが始動してしまえば、常に発電される状況になるので極端な話をいうとバッテリーを外しても動くのです。

もちろんエンジンを始動させるためだけでなく、車内の電装品に安定した電圧を供給するためでもあります。

エアコン(ファン)やカーオーディオなどたくさんの電気を消費するときの補助としての役割も果たしています。

通常使用ではほとんどないですが、カスタマイズにより発電が間に合わなく走行中にエンジンが止まってしまうこともありますので、過度に大量の電気を使うことは避けるようにしてください。

マメ知識《充電される仕組み》

エンジンの回転がベルトをつたってオルタネーターという発電機が回ります。

これにより発電機から交流の電気が作られ直流に変換後、バッテリーに蓄電される仕組みです。

昔はダイナモという発電機で直流で発電されバッテリーに蓄電されていましたが、効率がわるく今ではオルタネーターが主流になっています。

換の目安は?

バッテリー交換の目安は4~5年です。

ネットでは2~3年という情報もありますが、筆者が乗っていた車や周りでも、そんなに早く寿命がきたバッテリーは見たことがありません。

むしろ5年以上でも大丈夫なことがざらです。

近年はアイドリングストップ車が増えてきております。

専用のバッテリーですが、アイドリングストップを多用しすぎると寿命が短くなってしまうので必ずしも4~5年もつわけでもありません。

あまりに早く寿命がきたバッテリーは不良品として保障交換できる場合がありますので、あらかじめ確認して買うといいでしょう。

そして近年のバッテリーは性能が高くなってきたため、弱ってきてるなという予兆なくバッテリーあがりになるときがありますが、4~5年ほどで交換をすることでそれも回避することができます。

バッテリーあがりというトラブルに出くわさないように、自分の車の交換時期を把握しておこう。

マシタ ヒロナリ

忘れがちな人は車検の2回に1回交換しておけばいいと思います!

検方法

電圧の点検

テスターという電気計測器を使えばいつでもバッテリーの状態を計ることができますが、たいていの家庭にはありませんよね。

そんなときは、ガソリンスタンドでの給油ついでや車屋さんでの整備ついでに確認してもらいましょう。

テスターで電圧を確認することで弱ってきているのか判断することが可能ですが、もし購入するならアナログ式よりデジタル式のが視覚的に分かりやすいので後者をおすすめします。

液量の点検

内部のバッテリー液は蒸発などで減ってしまいます。

一定以上に減ってしまうと内部が劣化し寿命が縮んだり、最悪爆発してしまう危険性もあるのです。

まずは液量の点検をしましょう。

側面のUPPER LEVEL(上線)とLOWER LEVEL(下線)の間に液面があればOKですが、下線ぎりぎりであれば、補充することをおすすめします。

側面にない場合は上から確認することができるはずだ。

この際の補充液はカー用品店などで購入可能。

できれば、そのまま店員さんに補充してもらうといいだろう。なぜなら、硫酸を薄めた液体だからだ。

自分で入れるなら、ゴーグルと手袋をするなどの安全対策をしていただきたい。

エンジンスターターの故障という可能性もありますが、バッテリーあがりを見分ける方法としてはキーを回したりプッシュスターターを押したときに、弱々しい音がしたり、うんともすんともいわずエンジンがかからない場合はほぼバッテリーあがりでしょう。


基本的にはブースターケーブルで、MT車は押しがけでもエンジン始動ができます。

またジャンプスターターという道具を使っても対処が可能です。


まずはブースターケーブルを使ったエンジンのかけ方から順序よく解説します。

注意点
必ず同じ電圧の車同士でおこなってください。一般的な乗用車は12Vです。
トラックには12Vと24Vがあるので注意してください。

ブースターケーブルを使った対処方法

AT車にもMT車にもつかえる対処方法です。
・バッテリーのあがった車(以下、車A)
・救援車(以下、車Q)

STEP.1
車Qとブースターケーブルを用意する
車Qをブースターケーブルが届く位置まで車Aに近づけます
STEP.2
バッテリーのプラス(赤)同士をつなぐ
車Aにつないだ後に車Qにつなぐ
STEP.3
マイナス(黒)をエンジンブロックにつなぐ
車Qにつないだ後に車Aのエンジン回りの金属部につなぐ
STEP.4
エンジンをかける
車Aのエンジンをかける
・かかりづらかったら車Qのエンジンをかけて軽く吹かしながら車Aのエンジンをかける
STEP.5
マイナスケーブルを外す
車Aを外した後に車Qを外す
STEP.5
プラスケーブルを外す
車Qを外した後に車Aを外す

なぜマイナス同士を繋がないのか疑問に思った人もいるかと思います。

これはケーブルをつないだ際の火花が、バッテリーから発生した水素ガスに引火して爆発するのを防ぐためです。

MT車の押しがけ方法

MT車だからこそできるバッテリーあがりの対処法で、『押しがけ』というものです。

こちらも順序よく解説します。

注意点
必ず周りに人がいないことを確認して平坦な場所でおこなってください。登り、下り坂だったら危険があるのでAT車と同じように対処しましょう。
STEP.1
キーをONにしてシフトをニュートラルに入れる
・周りの人や車に注意する
・自分で車を押せないときは誰かに手伝ってもらおう
STEP.2
車を前に押す
・自分で車を押すときは、ハンドルを真っ直ぐに持ちながら運転席の横(外)でドアを開けたままもう片方の手で車ボディ押して動かす
・押してもらうときは、運転席に乗りハンドルを真っ直ぐに保つ
STEP.3
エンジンをかける
・自分で押しがけする時は車速が早歩き程度になったら、車に乗りこみクラッチペダルを踏んでシフトを2速にいれ、素早くクラッチペダルをもどす
・押してもらうときも同様に車速が早歩き程度になったら、クラッチペダルを踏んでシフトを2速にいれ、クラッチペダルをもどす
STEP.4
アイドリングが安定しないようならアクセルを少し吹かす
・エンジンはかかったが止まりそうならアクセルを軽く吹かして安定させよう

どちらもできない場合は?

必ずしもエンジンをかけられる状況とかぎりません。


そんなときは安全な場所へ移動しロードサービスを呼びましょう。

会員になっておくことで、どんなトラブルがあってもお得に対応してもらえます。

安心&充実のロードサービス!JAF入会はこちら

一度バッテリーがあがるとダメになる?

すぐに気づいて対応すれば大丈夫です。

時間が経つにつれバッテリー性能が失われるので、いつあがったか分からないようであれば交換したほうが無難でしょう。

エンジンをかけず放置しているだけでも、自然と徐々に放電するため長期間放置する場合はバッテリーのマイナス端子を外しておくか、定期的にエンジンをかけて充電してあげるようにしてください。

とめ

☑バッテリーの一番の役割はエンジンを始動すること
☑発電機の補助として電気を送る役割もある
☑交換の目安は4~5年
☑バッテリーがあがってしまった時のためにブースターケーブルを常備しておくとよい
☑MT車は押しがけという方法でエンジンを始動できる

バッテリーあがりの対処法も覚えておけば、自分の車だけでなく出くわした人の手助けすることもできます。

安心できるドライブをするためにも、この機会にブースターケーブルを車内に常備してみては?

いきなり電装品が使えなくなる?まずは車のヒューズ切れを疑おう

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それではこのあとも引き続き、当ブログ『またたびCarfe』でゆっくりとお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA