始めて車弄りをするためのDIY工具【初心者がまず最初に揃えたいものとは】 | 車情報ブログまたたびCarfe
サイトアイコンがリニューアル!
ぜひホーム画面に追加してCheckしてみてね!

始めて車弄りをするためのDIY工具【初心者がまず最初に揃えたいものとは】

マシタ ヒロナリ

車を弄りたいけどどんな工具を用意しておけばいいの?という疑問に揃えておきたいオススメの工具をご紹介します!

工具箱付の工具セットも販売されているので、初めての場合はそれを買うのもよいと思います。

キレイに収納されており必要なものは揃っていますが、まったく使わない工具もでてくるのでもったいないことも。

また工具が増えてくると、キレイな収納のクッションスペースが邪魔になってきてしまうこともあります。

メーカーにより値段や使いやすさも変わってくるので、工具別にそれぞれのメーカーを変えたいという方は個別で揃えるといいでしょう。

また個別に揃えることで、一つ一つ自分の気に入った工具を選べるのでセット工具と違うメリットがあります。

めてDIYをする人が持っておくべき工具

ドライバー

プラス&マイナスのネジの緩め締め付けができる工具です。

主な1番、2番、3番のドライバーのうち2番で少し長めのドライバーを持っておくとよいでしょう。

プラスとマイナスの両方があればベストですが、マイナスドライバーの使用頻度は低めなので、2番のプラスドライバーだけでもいいと思います。

ラチェットハンドル

軽い力で効率的にボルトの緩め締め付けができるラチェット式のハンドルで、右回しにも左回しにも切り替えて対応できまきます。

ギア数が多いほど振り幅が少ないので、狭い所で活躍します。

主に差込角1/4(6.3sq)・3/8(9.5sq)・1/2(12.7sq)のソケットと組み合わせて使用します。

最初は差込角3/8(9.5sq)で長さが15~20cmほどのラチェットハンドルがよいでしょう。

ソケット

ソケット形状により、六角やヘックス、E型と様々な形状がありボルトやナットの緩め締め付けができます。

サイズに対応した、ラチェットハンドルなどと組み合わせて使用します。

またショート、ミドル、ディープとソケットの長さが様々ありますが、最初は差込角3/8(9.5sq)12角ショートソケットで8,10,12,14mmあたりをそろえておくといいです。

中が空洞になているのでミドル、ディープソケットがあれば長いネジの先にあるナットまで届いたり、ちょっとしたエクステンションバーの役割もはたします。

バッテリーを固定するステーのナットなどにはディープソケットが有効です。

エクステンションバー

ソケットなどを延長するための棒で、通常40~1000mmほどと様々な長さがあります。

例えば、ラチェットハンドルとソケットの間につけて使用し、より奥のボルトやナットまで届かせることができます。

ストレートのほか首振りタイプもあり、わずかにエクステンションバー先のソケットが傾きます。

最初はストレートで50,75,150mmのエクステンションバーが三本ほどあればいいでしょう。

メガネレンチ

レンチの両端が別サイズで12角になっており、6角のボルトやナットを緩めたり固く締めたりするのに使います。

12角と細かくなっていることで、振り幅が少なく狭いところに対応できるのです。

ストレートとオフセットタイプがありますが、最初はオフセット45度で8×10,12×14,14×17のメガネレンチが三本ほどあればいいでしょう。

プライヤー

軽い力で効率よく物を掴んだり切断、圧着などするために使うハサミ形状の工具で、ペンチやニッパもプライヤーの一種です。

最初はニッパラジオペンチ(先端の細いプライヤー)があればいいでしょう。

奥まったところまで届くロングノーズプライヤーや先端が曲がっているオフセットタイプもあります。

ハンマー

通常は釘を打ったりするために使用しているイメージかと思います。

車作業ではメガネレンチを叩いて固着したボルトを緩ませたり、金属部を叩いて潤滑材を浸透させたり、インパクトドライバーにも使える万能工具です。

ゴムハンマーやショックレスハンマーなどもありますが、最初は先端が金属のスタンダートなハンマーがあればいいでしょう。

ラスαで持っていると便利な工具

ラチェットレンチ

メガネレンチにラチェット機構がついたレンチです。

狭い場所で活躍し、ボルトやナットを回すたびに外す必要がないのため効率よく作業ができます。

首振りタイプでできれば本締めが可能なものがおすすめです。

圧着ペンチセット

配線を繋いだり加工するときの必需品です。

セットで買えば専用ケースやギボシスリーブもついているので配線作業をするときは揃えておきたい工具です。

内貼りはがし

内貼りなど柔らかいところをキズつけずに取り外すための工具です。

様々な形状のものがありますが、片側がクリップ外しになっているタイプを選ぶといいでしょう。

ワークライト

昼間でも暗くて見えないところを照らしてくれるので、作業や点検作業に重宝します。

LEDでマグネット付の充電タイプがおすすめです。

具以外にあるといいもの

パーツクリーナー

脱脂時やオイルなどの油性の汚れを落とすときに使用しますが、ゴムや樹脂、塗装面にはダメージをあたえてしまうので注意してください。

遅乾性と速乾性がありますが、まずは速乾性のものがいいでしょう。

ガラス面のステッカーなどの糊跡を剥がすときは遅乾性をおすすめします。

また一緒に使うものとして使い捨てにできる、ウエスも揃えておきましょう。

マグネットトレー

取り外したボルトやネジ、ナットなど置いておくためのトレーで、マグネットが付いているので垂直でも逆さまでも使用可能です。

小さいネジやワッシャーでも無くさないで済み、100円ショップでも購入できるのでぜひ2~3個ほどは持っておくといいです。

カメラ

作業を行う前の写真を撮って元の状態が分からなくならないようにするために使用します。

といっても、皆さん携帯電話やスマホを持っているかと思いますのでそのカメラを利用するといいでしょう。

部品の位置やボルトの向きなどを確認できるので、最初は必ず写真に収めることをおすすめします。

とめ

自分の車を自分で整備・修理するのは楽しいですし、車への愛着も湧き、さらには工賃の節約にもなります。

力は必要ない!固いボルトを緩める方法【折れてしまったときの対処】

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それではこのあとも引き続き、当ブログ『またたびCarfe』でゆっくりとお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA