自動車のリコールとは【対象車か確認する方法】 | 車情報ブログまたたびCarfe
サイトアイコンがリニューアル!
ぜひホーム画面に追加してCheckしてみてね!

自動車のリコールとは【対象車か確認する方法】

マシタ ヒロナリ

リコールとはなんでしょうか?自分で簡単に確認する方法をご紹介します!

中古車で購入する割合のが圧倒的に多いため、通知されずリコールが発生しているのに気付かないことが多々あります。

万が一危険な不具合だったら危ないので、この記事を読んだらすぐに自分の車が対象かどうか調べてみよう。

動車のコールとは

道路運送車両の保安基準に適合しないときや、車の設計、製造過程で問題があった際に、自動車メーカーが対象車を回収・修理などの改善措置をすることです。

事故やトラブルを防ぐために自動車メーカーが国土交通大臣に届け出をします。

よくあるのが、部品の不具合だったりします。

ドライバーに危険が及ぶ可能性もあるので、必ずリコールの箇所を直してもらってください。

リコールは車メーカー(企業)に責任があるため、無料で修理・交換等の改善措置をしてもらえるので安心してください。

コール対象車か確認する方法

新車で買った場合は、販売店のディーラーからハガキなどで連絡がきます。

ですが中古で車を買うと、ディーラーからはその通知がくることもありません。

不具合があると思うと安心して運転できないよ。

マシタ ヒロナリ

安心してください!そんなときのために自分の車がリコール対象か簡単に調べる方法があります。

Webサイトで確認

各メーカーのホームページにてリコール照会することができます。

また、以下のサイトではメーカーを指定して、車台番号を入力するだけで簡単に調べることができます。

車両リコール状況確認
https://www.jaspa.or.jp/portals/recallsearch/

すでにリコールをうけている場合は「実施済」と表示されます。

リコール情報検索アプリをインストール

またスマートフォン用にアプリ版もあるので,、気軽に活用してみてください。

車検証に記載のQRコードを、カメラで読み込むことでも簡単に調べられます

リコール情報検索

リコール情報検索

JAPAN AUTOMOBILE SERVICE PROMOTION ASSOCIATION無料posted withアプリーチ

店頭で確認

ディーラーや販売代理店はもちろん車検業務をおこなっているカー用品店やガソリンスタンドの店頭でも確認してもらえます。

メンテナンスついでなどにお願いして調べてもらうのもいいでしょう。

検が通らなくなる?!

放置した場合

期限もなく罰則もありませんが、あえて放置して事故をおこしてしまったら責任がとわれる可能性があります。

また保安基準に適合しないときは、車検に通すことができません。

車検の検査項目にひっかかるので当然のことと言えるでしょう。

リコールを受けられる場所

基本的にはディーラーと販売代理店で改善措置の作業をしてもらえます。

中古車屋で買ったとしてもリコールを受けられますし、買ったところと違うディーラーや販売代理店でも可能です。

あまりにも遠い場所で行くことが困難場合は一度、ディーラーに電話して相談してみるといいかと思います。

とめ

☑リコールは無料で回収・修理してもらえるので必ずうける
☑Webサイトやアプリで自分の車が対象車か確認できる
☑放置しても罰則はないが、事故をおこしてしまったら責任を問われることがある
☑買ったお店でなくても、同メーカーのディーラー、販売代理店でリコールをうけられる

あらかじめ確認しておくとことで、スムーズに車検を通すことができます。

安心して運転するためにも、ぜひリコール対象車か調べてみてください。

オーバーヒートした時の対処方法と原因【エンジンは止めた方がいい?!】

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それではこのあとも引き続き、当ブログ『またたびCarfe』でゆっくりとお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA