あえて車で旅行する楽しみとは!便利グッズもご紹介! | 車情報ブログまたたびCarfe
サイトアイコンがリニューアル!
ぜひホーム画面に追加してCheckしてみてね!

あえて車で旅行する楽しみとは!便利グッズもご紹介!

マシタ ヒロナリ

この記事では車に乗って旅行に行く楽しみ方を紹介していきます。

皆さんは旅行に行く際にどのような交通手段で行きますか?

車、新幹線、電車、バス、飛行機とさまざまな乗り物を使い目的地へ向かうかと思います。

たいていはその目的地で見たい景色あったり、やりたいことがあるから旅行をしますよね。

車で旅行に行く楽しみ方をいろいろと紹介します。

理なく車で行ける範囲

日本は世界からみて小さな国です。車で行こうと思えば北海道から沖縄まで行くことが可能なのだ。

ですが、旅行とは限られた時間の中ですることが多いですよね?
目的地に行くまでのために、まる一日使うのは体力も時間も勿体ないです。

でもあえて、車で移動すのも面白いかもしれません。

無理して疲れすぎたため旅行を楽しめなくては本末転倒なので、年齢や体力、車により疲れを考慮して行動範囲を決めるようにするといいと思います。

特に昔の体力を過信してはいけません。筆者がまさにそうなように、20代前半はどこまで運転しても疲れしらずでしたが、今ではその距離もきついので20代後半になりやっと新幹線の有難さをおぼえたくらいです。

り道も旅行の醍醐味

車で行く旅行計画を立てるうえで目的地の下調べをする人が多いはずです。
どんな都道府県を通過して、どんな道を通って行くかまで調べることは以外にしないと思います。

休憩がてら気軽に行ける施設

そんな方は次回からはぜひ、道なりのパーキングエリア(PA)サービスエリア(SA)道の駅の情報も調べてみると、行きたいところや食べ物、買い物の楽しみが増えるはずです

 

POINT

 

高速道では下りにはあるけど上りにしかない(逆もしかり)施設や名産品もあるので、前もって調べておかないと立ち寄れなかったりということも!

なんといっても広い駐車場で気軽に立ち寄りやすく、その地の名産が凝縮されているので、休憩ついでの場所として贅沢なところなんです。

またそこから見える景色を背景にインスタ映えを狙うのもいいでしょう。

例えば富士山がきれいに見える所や、温泉に入れる所、昔の街並みを再現した施設など立ち寄って損はない場所が全国にはたくさんあります。

高速道路を降りてみる

高速道路の出入り口から少し走った所にも、観光地がたくさんあります。時間に余裕があればぜひ、そんな場所にも立ち寄るのも面白いです。急がずまったりな旅行は、時間に追われず非日常を味わえます。

あまりにたくさんの場所や時間のかかる寄り道は、その後に支障がでる可能性もあるので駐車場の事前予約なども駆使して計画的に行動するといいだろう。

外出先近くの空いている駐車場やコインパーキングを検索・予約!特P(とくぴー)


夏だったら、鍾乳洞や洞窟探索で涼むのも良し!冬なら温泉に立ち寄るも良し!

マシタ ヒロナリ

目的地にばかりとらわれず視野を広げると、思わね発見があるかもしれませんね!

宿泊地の工夫

いろんなホテル、旅館に宿泊

目的地でホテルや旅館に連泊するのもまったりできていいと思いますが、一か所にこだわることもありません。

例えば3泊旅行で2、3か所のホテル、旅館に宿泊することで一回の旅でいくつもの土地の風土に触れることができます。

浅く広くというのもけっこう悪くはないと思っています。
一泊は安いホテルなどで旅費を抑えて、次の日はちょっと贅沢して懐石料理の高級旅館などという具合もありではないかと。

もちろん移動時間も考えて宿泊地を決めることで時間を有意義に使いましょう!

車中泊で節約

これは宿泊代の大きな節約になります。
また普段とは違う環境で寝るのもなかなか楽しいもの。


車中泊を快適に過ごすためには、後部座席をうまく活用するといいでしょう。

内での楽しみ方

やはり車だと移動時間がかかるのがネックですよね。人数によっては交通料金も高くついてしまいます。

そんなデメリットもありますが、車内で音楽をきいて歌ったり、騒いだりしながらゲームなど、景色をゆっくり堪能したりもできます。周りを気にせず自分たちだけの空間ががあるということは大変魅力的ですよね。

POINT

 

事故や自然渋滞の影響でストレスがたまることもあると思います。車移動と決めた以上は時間と気持ちに余裕をもって行動しよう!

二人以上で車移動のとき、もし車内での会話がいまいち盛り上がらなかったり、話題が見つからなかったりしたら、会話ネタを提供してくれるこのアプリがおすすめです!

topickr -  会話ネタアプリ

topickr – 会話ネタアプリ

Yosuke Onishi無料posted withアプリーチ

にたつ便利グッズ

車移動なら少しくらい荷物が増えてもなんの問題もありません。いざという時の傘や予備のスニーカーなど
使うか分からないものでも、念のために積んでおいても損はないのだ。

ネックピロー(首まくら)

疲れた時にシートに座って寝るのはけっこう辛いもので、首を痛めてしまうことも多々あります。そんなことでせっかくの旅行に水を差すのはもったいないです。新幹線や飛行機でも使えるので持っていくようにしましょう。

サングラス

普段から車内に置いてある人も多いかと思います。
上からの日光だけでなく、前の車の反射光、海や雪の照り返しがあっても運転が楽になります。
まだ持っていない人にはティアドロップ型のサングラスをおすすめします。左右が垂れている形のものです。映画トップガンでトム・クルーズがかけていたことでも有名ですね。

サンシェード

炎天下で車を長時間駐車しておくときにフロントガラスなどに設置しておきます。

こうすることで、室内の温度が和らいだりシートばどが熱くなったりするのを防ぐことができます。

車種別専用設計!ブラインドシェード

ブランケット(毛布)

長距離に運転をする時の仮眠時に使えます。特に女性がいるときはひざ掛けなどにも使えます。

クーラーボックス

海に行く予定でなくとも、飲み物を冷えたまま保温したり、お土産に生ものを買った際に役に立つ。車内が高温になってもそういったものを気にせず済むのだ。

電気ケトル

もちろん車用にシガーソケットから電源が取れるものが販売されています。
寒い日には温かいコーヒーや紅茶が車内で飲めるので便利です。

全点検も忘れずに

車で旅行へいくということは、長距離で土地勘のない場所に行くことになります。トラブルを極力避けるためにも安全点検をすることをおすすめします。

最低限するべきチェックポイントは3点です。
①オイル点検
②タイヤ点検
③バッテリー点検
これだけやればトラブルを格段に防ぐことができるのです。
自分でやる点検する方法もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみみてください。

マシタ ヒロナリ

自分でできなければ、ガソリンスタンドや車用品店でも点検してもらいましょう!

とめ

☑無理なく車移動できる距離を把握しておこう
☑休憩ついでに楽しめるPA、SA、道の駅を下調べしよう
☑高速道路を降りて軽く観光するのもあり
☑一つのホテル、旅館にこだわることもない
☑移動中の車内でも楽しく過ごそう

もちろん車移動にはトラブルがつきものなので、日頃からのメンテナンスや、いざとい時の知識を身に着けておくことでより安心して旅行が楽しめるはずです。


また、車を持っていなくてもレンタカーやカーリースを使えば手頃に車をつかっての移動もできますので、ぜひ活用してみてください。

高速道路での注意点【トラブルにでくわした時の対処方法とは】

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それではこのあとも引き続き、当ブログ『またたびCarfe』でゆっくりとお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA