MT車の不安を解消して運転を楽しもう! | 車情報ブログまたたびCarfe
サイトアイコンがリニューアル!
ぜひホーム画面に追加してCheckしてみてね!

MT車の不安を解消して運転を楽しもう!

マシタ ヒロナリ

AT限定免許だけどMT車も運転してみたい?トライするのはまだ遅くありません!

まずはマニュアルトランスミッション車(以下、MT車)とオートマチックトランスミッション車(以下、AT車)の違いについて説明します。

MT車とAT車の違い

簡単に違いを説明すると、ペダルが一つ多いのと自分でギアチェンジをするかしないかです。

AT車といっても今ではギアが無く無段階で変速するCVT車や、そもそもエンジンがなくモーターで駆動する電気自動車が普及し始めました。

分かりやすくギアがあるAT車との比較をしたいと思います。

主な違いはトランスミッションというギアがたくさん入ってる大きな部品でエンジンからの伝達方法が違います。

MT車の特長

エンジンからクラッチというものを経由して、トランスミッションに伝わることで最終的にタイヤを回転させる。

三つあるうちの左のペダルでクラッチを繋げたり切り離したりし、シフトを操作することでギアを任意にチェンジできます。

エンジンブレーキを強くかけられるのも特徴です。

AT車の特長

両手足を使い運転するMT車ですが、一方でAT車は走行中に操作することがほぼありません。

エンジンからトルクコンバーターというものを経由して、トランスミッションに伝わることで最終的にタイヤを回転させる。

トルクコンバーターのおかげでクラッチ操作が必要なくなり、シフト操作はDレンジに入れておくことで自動でギアチェンジしてくれます。

クリープ現象によりブレーキを離すだけで前にゆっくりと進むことができるのも特徴です。

MT操作が不安だったら?

MT車はクラッチペダルを踏むことでクラッチを切り、ギアをチェンジしてからクラッチを繋ぐという動作があります。

エンジン回転数と車速を把握して適切なタイミングとギアを選ぶ必要があるのです。

これだけ聞くと難しく思えますが、実際に運転して慣れるとエンジン音やスピード感覚で無意識にできるようになるので心配は最初だけです。

外国にいたら嫌でも英語が身に付くのと一緒で、思い切ってMT車を買ってしまえば嫌でも操作に慣れます。

実際に慣れたらエンジンブレーキもよく効いてAT車よりも乗りやすくなることもあるでしょう。

え?坂道発進も不安?筆者もまさにそうでしたよ(汗)

エンストしたら恥ずかしいし焦ってしまいますよね。最初はサイドブレーキと半クラッチを使う練習あるのみです!

そして操作に慣れるまでは、緩やかな坂道から。遠回りでも急な坂道を避けた道を選ぶこと。

不安なら初心者マークをつけるのもありです。

コツとしてはあらかじめ、どの位置が半クラッチなのか把握しておくことです。

車にもよりますが、エンストしそうな少し手前がクラッチのミートポイントの目安です。

そのうちサイドブレーキを使わず瞬時に半クラッチにもっていけるようになり発進できます。

MT車に迷ってる人へ

最初は不安だらけでMT車の購入に踏み込めないかもしれませんが、おもいきって買ってしまえば運転せざるおえなくなります。
乗り始めたらそんな心配も吹っ飛んで楽しくなるはずです。

MT車特有のテクニック

クラッチペダルの操作があることで、ATでは機械がやってくれることも自分でやらなければならないことでMT特有のテクニックも生まれました。

このあと紹介するテクニックはできなくても、運転に支障はないので心配はいりません!

ブリッピング

シフトダウンをする際にエンジンを煽り回転数をあわせる時に使うテクニックです。

ギアは同じスピードでも数字が少なくなるほどエンジンの回転数が高くなります。

もし回転数をあわせないでシフトダウンをすると、急なエンジンブレーキがかかり挙動が乱れ、ミッションにも負荷がかかることになります。

<3速→2速の場合>
クラッチペダルを踏んだまま3速→2速にシフトチェンジし、エンジンを煽って回転数を上げてクラッチを繋ぐ

AT車でいうキックダウンのようなもので、ギアを下げて加速することができます。

また、エンジンブレーキを強めに効かせたいときにも役立ちます。

ヒール&トゥ

ブレーキとブリッピングを同時にやってしまおうという欲張りなテクニックです。

主にスポーツ走行でコーナー(カーブ)を曲がる際に使います。

やり方としては、コーナー手前でブレーキを踏んでクラッチを切り、ブレーキペダルを右足先で踏んだ状態のまま、かかとでエンジンを煽りシフトダウンしてクラッチを繋ぎます。

《ヒール=かかと》《トゥ=爪先》を同時に使うためこう呼ばれるようになりました。

スムーズなコーナリングと立ち上がりを目的としてるため、スポーツ走行で使うことが多く、コーナー手前である程度スピードがでていないとうまくいきません。

ダブルクラッチ

通常は「クラッチを切る→シフトチェンジ→クラッチを繋ぐ」という動作ですが、ダブルクラッチとはこの途中でニュートラル(N)状態でクラッチを繋いだままエンジンを煽ります。

昔はスムーズなシフトチェンジとミッションを痛めるのを防ぐ目的で使われてきました。

段階的にみていきましょう。

クラッチを切る
  ↓
ニュートラルにシフトチェンジ
  ↓
クラッチを繋ぐ
  ↓
エンジンを煽る
  ↓
クラッチを切る
  ↓
目的のシフトにチェンジ
  ↓
クラッチを繋ぐ

このように2度クラッチを切る繋ぐをやることからダブルクラッチと呼ばれています。

今ではミッションのシンクロ機構の性能が上がったため、ダブルクラッチは不要となりましたが、スポーツ走行の際にはダブルクラッチが必要だという人もいます。

外な車のMT車

近年MTが設定されている車は少なくなり、比較的新しい車はスポーツカーにしかないものと思いきや意外な車にもMTは存在します。

  • スズキ ハスラー(31系、41系) さすが遊び心を忘れないSUZUKIですね!
  • トヨタ マークX(13♯系) 限定350台で販売されたのでほとんど出回っていません!
  • 日産 スカイライン(36系) ラグジュアリー感もありつつ、やはりスポーツのスカイライン!

いまどきの車に乗りたいけど、MTにも乗りたいという方におすすめです。

定解除

若いころにとりあえずAT限定で免許をとったけど、その後に車が好きになりMT車にも乗りたい!という人もいるはずです。

また教習所で最初からやり直しなのかな?と思いがちですが、心配はいりません。

限定解除という方法があります。

AT限定免許をとった際に筆記テストに合格して、S字やクランクなどの技能も合格したはずです。

なのでMT免許に必要な技能さえ合格して卒業すれば、限定解除となりMT車を運転することも可能になります。

筆記や技能時間が少ない分、安く教習所に通うことができるのです。

とめ

☑クラッチ、シフトを自在に操れる楽しさがある
☑不安も心配も乗り始めたら気にしないほどのワクワク感を得ることができる
☑MT特有のテクニックを駆使できればさらに楽しい
☑AT限定免許から限定解除することでMT車にもすぐに乗れる

これから運転免許をとるかたも、ぜひMT車免許を考えてみてはいかがでしょうか?

少し冒険して新たな目線でドライブできると、より車が楽しくなるかもしれません。

あおり運転から身を守る効果的な対処方法

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それではこのあとも引き続き、当ブログ『またたびCarfe』でゆっくりとお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA